discography

2011年7月6日(水)Release!
待望の1st Album 全国リリースが決定!




モノクロームの心にゆっくりと色がつき始めた!
「mint julep」
2011年7月6日に待望の1st Album 全国リリースが決定!
デジタル配信:iTunes、Amazon、着うた、着うたフルなど、
各音楽配信サイトにて7月6日より配信開始!
発売元:(有)スザクミュージック http://www.suzakmusik.com/
販売元:バウンディ(株)
artwork by tommmmy  

プロデューサーに南條レオ(Central. Kingdom Afrocks.)を迎え、歌声に躍動と云う
Rhythmが入り、音楽に命が注ぎ込まれました。
10曲の珠玉の名曲達。今の女の人にぜひ聴いてほしい「夏恋」の定番曲が満載!
普段着なRBそんな感じです。

収録曲
1. Summertime
2. 桃色バカンス
3. High♡Season
4. Sailing My Heart
5. Game
6. Lisa
7. カラフルデイズ
8. アシタノメロディ
9. よろこびのうた
10. 真昼の月
プロデュース 南條レオ
ゲストミュージシャン
 江川ゲンタ Drums
 白根佳尚(Dezille Brothers) Drums
 Central Horns 


Hand-made mini album, studio recording (2010-2008)
  ライブ会場と、
 オンラインショップ
 FLYDAYS CLIPS
 にて発売中。

"アシタノメロディ" 5th mini album "Alright!" "Bloom" 4th mini album

MP3 Download
FreeDL"あいのことば" 有料DL"物語をつなぐもの" "雨のワルツ"配信終了 "雨のワルツ"着うた 有料DL"Last Song"

Hand-made Extra CD & mini album(2008-2007)
"桃色バカンス" 3rd mini album 2nd mini album 1st mini album(生産終了)

■MAXI SINGLE "アシタノメロディ"
2010.07.02 Release!
ライブ会場&オンラインショップFLYDAIS CLIPSにて販売中。
1.アシタノメロディ
2.River
3.アンデュラ
4.blue garden

4曲入り ¥500


ネット通販で購入する


■5th Mini Album
2009.12.05 発売
ライブ会場&オンラインショップFLYDAIS CLIPSにて販売中。
7曲入り ¥1200

収録曲
1.ALRIGHT!
2.雨のワルツ
3.Last Song
4.共鳴点
5.パズル
6.物語をつなぐもの
7.Wildflower

ネット通販で購入する

*Free Singleとして発表した2,3,6曲目は、それぞれ録り直しやリアレンジされた
 バージョンで収録しています。


■Net Single

2009.5.18配信開始
monster.fmで有料配信中


2009.8.27
¥150

収録曲
1.物語をつなぐもの

配信ページへはこちらから

■Free Single
2009.5.18配信開始
無料音楽コミュニティサイト NEXT MUSICにて配信(現在は配信終了)


雨のワルツ

2009.5.18
MJF-3 free

収録曲
1.雨のワルツ



■Free Single
2009.5.1配布開始
ライブ会場等で配布&monster.fmで有料配信中
Last Song

2009.5.1
MJF-2free

収録曲

1.Last Song

■1st Stdio Recording CD "Bloom"

2008.11.9発売

ライブ会場&One Up Music レーベル WEB通販 mamazon.jpで発売中。

2008.11.9
ONEUP-4 (ONE UP MUSIC)
¥2,000

収録曲
1.Bloom
2.リズム
3.二人の距離
4.Time After Time
5.Pink
6.カーテンコール
7.夜明け前


■Single

2008.7.28発売

劇団桃色バカンスの公演のみの限定発売。

桃色バカンス

2008.7.28

収録曲

1.桃色バカンス
2.キッチン ('08 mix version)
3.曇り空

■4th Mini Album

2008.5.24発売

ライブ会場と、オンラインショップ・FLYDAYS CLIPSさんで発売中。

4thMiniAlbum
2008.5.24
¥1,000
6曲入り

収録曲

1.絶望のかけら
2.わすれもの
3.GAME
4.Miss Fear
5.曇り空
6.青空の涙


ジャケットデザイン :Tommmmy
収録曲紹介:
1.絶望のかけら
●タイトルによく驚かれる曲。
 自分が何がやりたいのかよくわからなくなり、Mint Julepも停滞させてしまって、
 ギリギリのとこで顔を上げ打開しようとして持っていった曲。
 曲のかけらを持ってきた、と言ったことからタイトルと歌詞に
 「かけら」を使うという縛りをなぜか作られ、
 結果でてきた言葉が「絶望」だった。
 本当の絶望なんて味わったことがないからこそ、
 心に刺さるそのかけらは鋭利でまぶしく輝くもののような気がした。(慧)
●三度目の正直!コーラスその他、細部にまでこだわっていろいろ練りながら録りました。
 いいものが録れましたよ。 (大関)
2.わすれもの

●アレンジもリニューアルでの再録です。
 前より印象がやわらかくなったかな。エレピも入れてみました。 (大関)

●絶望のかけらとこの曲は1st Mini Albumにも収録されているのですが、
 生産終了ということもあって今回2曲新たに録音して収録。
 Mint Julep結成前からある曲で何度も録音していたりするのですが、
 良いものができたのではないでしょうか!?(奥野)
3.GAME

●Mint Julepの曲は「いいこ」なものが多い、という意見をきいて、
 悪い子な詞を書いてみた。性(さが)だもの、仕方ないじゃん、と実際よく思う。
 結構シンプルな構成でロックよりな曲だったのに、ロックではないコーラスをつけてしまった。(慧)

●たまには激しめに。しれっと、さらっと、激情的に。そんなイメージ。 (大関)
●70年代ウエストコーストロックをイメージして作ったリフを持っていって皆でいじくっていたら、
 なんとR&B風に!?
 ピアノのフレーズは現代音楽風!?
 さすがにそれは…。
 ということで多少最初のイメージに戻しつつも
 完全には戻っていないところがMint Julep風かな!?
 自分1人じゃでてこないこの感じが楽しいんです。 (奥野)
4.Miss Fear
●シンプルな音だから、すっと心の中にまで入っていくといいな、と思います。 (大関)
●なんとなく不安で眠れない夜に、すっとやってきた曲。
 お慧の口笛が雰囲気をよく伝えてくれている気がします。 (奥野)
5.曇り空
●たまには二人の力を借りず一人で一曲完成させてみようと思っていた。
 そんなある日、感じたことそのままに、歌詞とメロディーが同時に浮かんできて、
 半日で出来上がってしまった。
 出来たものの、あまりにも心情そのままだったので最初は躊躇して、
 ふたりに聴かせるまで時間がかかったほど。
 ライブではいつも一番緊張する曲。(慧)
●曇り空をかき分ける、ていうところが好きです。
 ストレートな表現だから、歌心の動きを大切にしたいと、いつも思って演奏しています。 (大関)
●ピアノとガットギターは新大久保にあるFreedom Studioで。
 Mint Julep初のレコーディングスタジオ録音テイク。
 Voとリードギターは自宅録音。
 異なった場所での音源をレコーディングエンジニアの鈴木さんがうまくミックスしてくれました! (奥野)
6.青空の涙

●助けてはくれないけどそこにずっといてくれる、それが実はいちばん優しい。と思うのです。
 失った痛みを越えて、やがて自分で立ちあがる、その日まで。
 いなくなりはしないんです。ありがたいですね。 (大関)

●Mint Julep初のメンバー以外の方との共作曲。
 TAGさんの力で新しい色が加わったと思います。
 録音は曇り空と同じくFreedom Studio。
 TAGさんがまた明日以来になりますかね…、
 打ち込みも加えてくれました。 (奥野)

■3rd Mini Album

2007.8.22よりライブ会場にて販売開始
 MySpaceにて一部試聴できます!

オンラインショップ・FLYDAYS CLIPSさんでも販売中。

2007.8.22
¥1,000
5曲入り

収録曲

1.キッチン
2.Pink
3.同じ夜
4.I Don't Wanna Fly
5.カーテンコール


シリアルナンバー入り
収録曲紹介:
1.キッチン
●Jackson5やHansonみたいな兄弟バンドの曲をお慧が歌ったら似合うんだろうなあというところから作った曲。
 まあようはサビでがつんとハモリたかったんです。
 3声コーラスはMintの売りのひとつですから。(奥野)

●この曲は英語の方が合いそうだ、ということで、サビの歌詞を全部英語にしてみることに。
 そうしたら、気が強くて前向きな、明るい女の子の話を書きたくなりました。(大関)
2.Pink
●ちょっとかっこ悪くなるのもまたいいんじゃないかなと。
 やっぱり恋は桃色なんです。
 暗い曲が続いていたので、ピンクな曲を書けといわれ・・・。
 自然と変拍子になっちゃいました(慧)
●思わずにやり、としてしまうくらいにピンクな曲です。
 うきうき弾むような曲の雰囲気を大事にして います。(大関)
3.同じ夜
●歌詞は、幼馴染の友達のことを想って書きました。
 同じ街で、同じように育ってきたと思っていたけれど、気付けば全然違う毎日を送っていて。
 まだ本人には聞かせていません。
 初めて誰かに宛てて歌詞を書いた曲。(慧)

●私は個人的にこの曲に込められたメッセージがすごく好きで。
 演奏中に歌に聞き入ってしまうあまり 、コーラスを入れ忘れたこと数知れず。。
 そのくらい良い曲なんです。(大関)
4.I Don't Wanna Fly
●The BeatlesとJohn Lennonへのトリビュート曲。
 12弦ギターを使ったり、演奏時間は2分ちょい、8ビートのリズム、
 と60年代ブリティッシュビートな曲調を意識しつつ。
 けれども日本のGSっぽくはならないようにしたつもりなのですがどうでしょう?
 歌詞の中にはThe BeatlesとJohn Lennonの曲やアルバムの邦題がちりばめられています。
 全部わかった方はかなりのビートルマニアかと。
 というかこの文章がマニアっぽいかな…。(奥野)

●トリビュートということで歌詞はもちろん、
 楽器の方もビートルズっぽいコード感やフレーズをそれ となく意識しています。
 こういう作り方も面白いですね。(大関)
5.カーテンコール
●結成当初からある曲。
 ライブ向きの曲だと僕が音源化に反対しつづけていたのですが、
 CDでも聴きたいという声を結構いただきましてついに収録となりました。
 さて、気に入ってもらえましたか!?(奥野)
●自分にとって大切な1曲です。
 この曲で歌っていることは、私の中でずっとずっと思い続けていることで、
 これからもきっと考えていくと思います。
 なかなか音源化されずにきて、
 結果、大切な人との別れを経験した今年に出すことになったのも感慨深いです。(慧)
●真っ暗の舞台に白いピンスポット、のイメージで。
 ここがどういう場所なのか、一番はっきりと思い 起こさせる曲かも。 (大関)
------------------------------------------------------------------------
■2nd Mini Album 
2007.1.29よりライブ会場&
オンラインショップ・FLYDAYS CLIPSさんで発売中。

2007.1.29
¥1,000 5曲入り

1.この声になる
2.からまわり
3.リズム
4.君の声
5.夜明け前


photo:Yuji Miyoshi
収録曲紹介:
1.この声になる  詞:大和田慧 曲:Mint Julep
●ライブで良く演奏するStephen StillsのLove The You're Withの練習中、
 なんとなしに弾いたリフから発展して曲に。 イーグルスやC,S,N & Yの
 ようなアコースティックで、かつがつ んとはもるロックをやりたかった
 自分としてはしてやったり、どうだ! という自信曲です。 (奥野)

●久々に明るい、勢いのある曲ができました。自分としてももやが晴れていくような
 心境だったので、歌詞は決意を込めた感じになりました。イメージは追い風!(慧)
2.からまわり    詞・曲:奥野裕介
●原宿ラフォーレ前の交差点で人の流れに負けて出来た歌。
 ライブでの演奏と同じギター、ピアノ、歌だけだとなにか物足りなかっ たので、
 マンドリンを加えてみました。 どうでしょう?(奥野)
3.リズム       詞:大和田慧 曲:Mint Julep
●ギターから作ったリフに、挑戦的かつどこか狂気的な詩がつきました。 曲についても、途中いろいろと新しいこと に挑戦してみています。mintにとって のひとつの新境地を開いた曲かな? (大関)
●この曲を作っている頃、ちょうど初めてラテン系音楽を歌う機会があって、セッションしながら、ああいうリズムあ うかも!と思いついてやってみました。
 歌詞の内容は、ちょっとやけくそな感じです。自分を皮肉っている面もあるかな。(慧)
4.君の声      詞:大和田慧 曲:Mint Julep
●誰だこんな難しいフレーズ作ったのは!私か!と何度も自問自答を繰り返す 日々。
 でも、なかなか良いと思うのよ。
 今回のCDでは、たくさんのコーラスとピアニカが加わって、
 ライブとは一味 違ったカオスな感じをお届けできるかと思います。 (大関)
●おおちゃんが作ったリフから発展した曲。メロディはコーラスとのかけあいにしてみました。
 レコーディングではここぞとばかりにコーラスを重ねてみましたが、
 あまりにカオスなので一部削られました。
 その代わりおおちゃんのメロディオンが印象的でドラマティックな仕上がりになったと思います。
 ライブとの違いを楽しんでください。(慧)
5.夜明け前     詞:大和田慧 曲:Mint Julep
●私の好きな下降系のコード進行を使って作ったものをみんなでいじりました。
 歌詞は、進路など先のことを考えているとき、「途方もない気持ちになる」と言った人がいて、
 白いもやもやした光の中に何もない道がどこまでも続くようなイメージがふわっと浮かんだので、
 曲に似合うと思って歌詞に。
 何に悩んでいるのかよくわからないけど、なんとなく眠れない夜のような小作品。(慧)
------------------------------------------------------------------------
■1st Mini Album 2006年1月 生産終了
2006.1.31
5曲いり ¥1,000  

収録曲
1.雫
2.絶望のかけら
3.わすれもの
4.愛の純度
5.Call My Name
1.              lyric:Yusuke Okuno song:MintJulep
●唯一のツインVO曲。結成時は、奥野にーさんと慧とふたりともメインをとるような
 コンセプトだった。レコーディング時、おおちゃんのハモりをたくさん重ねたところ、
 妖精がいっぱいいて歌ってるみたいになったので、クレジットは
 大関”コロボックル”麻子になった
 オープンチューニングで不思議な響きになってます(慧)
2. 絶望のかけら    lyric:Kei Owada song:KeiOwada、MintJulep
●疾走感のあるポップな曲。'05年の暮れにできた最新曲。
 慧がサビ部分だけ作ってきたとき、「曲のかけらができた」と言ったため、なぜか
 タイトルに「かけら」という単語を使うというルールを課された。
 この曲には今の等身大な自分があらわれている気がする。(慧)
3. わすれもの      lyric&song:Yusuke Okuno
●もともとは奥野にーさんがソロ活動で歌っている曲。
 ギターとピアノは'05年の夏前に録ったにもかかわらず歌がうまくいかず放置。
 慧がMTRでの自宅録音を何回も試みるがどれも没テイク、自宅でひとりでやる
 のは性格上無理だと気づいて結局’06年1月に奥野家で慌しくレコーディング。(慧)
4. 愛の純度       lyric&song:Yusuke Okuno
●MintJulep代表曲で、根強い人気曲。奥野にーさんが高校時代に作った。
 若さが感じられる。たぶんそこがこの曲の魅力。(慧)
5. Call my name   lyric:Kei Owada song:MintJulep
●MintJulepの代表曲。異国の雰囲気のある変拍子の曲。
 今回はバンド編成ver.を収録。照井学童(Dr.)と坪光成樹(Ba)が参加。
 CD発売のちょうど1年前、'05年の2月にスタジオで一発レコーディング。
 1年間眠らせてしまった音源をようやく公開に至った。(慧)
*生産終了、在庫も完売となりました。
みなさまありがとうございました。


Single(2004年春発売・生産終了)
 2曲いり ¥200

 おおちゃんが加入する前に作ったミニアルバム。
 というより実際は、バンド結成前の高3の時に慧がオリジナル曲つくりの
 サポートと録音を奥野に依頼したものを収録した形で、いわばMint Julep
 結成のきっかけになった音源。
1.In Your Arms  lyric:Kei Owada song:MintJulep
●慧が高3の終わりに作った曲。Cメロやコーラスなど奥野の協力による。
 数少ないラブソング。かもしれない。。(慧)
 2.また明日  lyric&song:Kei Owada arrange:Yusuke Okuno
●慧が高3の夏にほとんど初めて作ったオリジナル曲。
 あまりにのんきな曲で当時作った本人が驚いて歌うのに苦労した。
 幸せなことに素直になろう、と思った。(慧)